DAZNは登録から1ヶ月無料!!

川崎フロンターレ、他Jリーグチームの試合はもちろん海外サッカーや野球など家でスポーツ観戦が楽しめます♪

DAZNの無料トライアルはこちら


Jリーグ

2020年のリーグ優勝と2021シーズンの川崎フロンターレ

昨シーズン、J1リーグ1位を独走。

そして11月25日、ガンバ大阪に5-0で勝利した川崎フロンターレ。

中村憲剛が引退、守田・齋藤・下田・ジオゴマテウスらの移籍。

加入したのはシミッチ・塚川・小塚・橘田など。

宮代をレンタル、遠野・宮城をレンタルバック。

やや戦力が落ちたかと思われましたが、今シーズンも現在13勝2分0敗で独走状態。

勝ち点はすでに41。

これは2018年の広島、2020年の川崎をも上回るペースです。

ACLがあるとはいえ、この調子でいけば99%ぐらいの確率で川崎が優勝するでしょう。

すごいですね、特に3トップ。

三笘・ダミアン・家長

強烈すぎます。

遠野や長谷川、旗手に小林もいるのですから層が厚すぎて大変でしょう。

長谷川も出番が減っていた中でガンバ戦で見事な活躍をし、大いに期待ができます。

中盤のポジション争いもなかなか熾烈。

今は田中碧とシミッチがほぼスタメンで、もうひと枠を脇坂・遠野・旗手あたりで争う感じですね。

さらに大島が怪我から復帰したらどうなるんでしょうか。

DFは山根は固定、それ以外は上手く入れ替えながらやってますね。

右サイドバックはジオゴマテウスレベルの選手がいてくれたら最高なんですが、ジオゴのように3試合しか出れずに移籍とかなったら不憫なので仕方ないです。

イサカゼイン、田邉あたりが試合に出れるようになればいいのですが。

来月の天皇杯2回戦でもしかしたらあるかもしれないですね。

そしてACLの開催地と日程がようやく決まったわけですが、川崎とガンバはウズベキスタンでの集中開催になりました。

中東ですね。

今年は放送がないので、川崎の試合が1か月以上もの間見れないことになり地獄以外の何物でもないです。

名古屋とセレッソはタイでの開催。

結果を見るだけ。非常にフラストレーションがたまりますが、仕方ありません。

-Jリーグ

Copyright© 川崎フロンターレ視聴者ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.