DAZNは登録から1ヶ月無料!!

川崎フロンターレ、他Jリーグチームの試合はもちろん海外サッカーや野球など家でスポーツ観戦が楽しめます♪

DAZNの無料トライアルはこちら


Jリーグ

J1リーグ7節を終えての順位について

新型ウィルスの自粛で今年はもう中止なんじゃないかと懸念していたJリーグが今月から再開し、早くも第7節まで消化しました。

ここで、J1の順位表を見てみましょう。

川崎が1位、G大阪が2位で名古屋、東京、セレッソと上位が続きます。

川崎好きとしてはこの上なく嬉しい順位で、ここまで6勝1分ととんでもないペースで勝ち点を積み上げてます。

2018年の広島みたいですね。今後大失速しないことを願いたいですが、どうなるかはわかりません。

一方で下位を見てみると、清水が17位で鹿島がなんと18位。

川崎と鹿島が好きな自分は鹿島が思うようにいっていないことにもどかしさを感じており、そろそろ爆発してほしいです。

ただ、川崎とのルヴァンはどうか川崎に勝たせて下さいw

今年はリーグとカップ戦どちらかを獲ることを目標にしていたと思うので、上手くいっている2020シーズンに仕留めてほしいです。

ルヴァンは名古屋もいるので、直接対決で負けてしまったら勝ち抜けられない可能性があるので怖いところ。

それでも、ルヴァンは完全ターンオーバーで普段試合に出ていないメンバーが見たいです。

鹿島はこの間までダミアンが得点王などと皮肉を言われてましたが、点は入るようになってきました。

昨日の土居やエヴェラウドのゴールも見事だったと思います。

ただ、セットプレーから渡辺剛と森重に決められてしまったのはもったいない気がしました。

そして現時点の順位で意外だったのがマリノスではないでしょうか。

2勝1分4敗で12位。

ギリ中位といったところでしょうか。

マルコスジュニオール、エジガルジュニオ、エリキら強力な外国人が大活躍し、昨年は優勝。

今年の順位予想でも川崎以上にマリノスを優勝予想している方も多いようです。

しかし、試合を見ると明らかに去年より勢いがないんですよね。

ミスが多く連携が上手くいっていないです。

とはいえ、鹿島と共に何だかんだ立て直してくるでしょう。

まだ第7節です。この先予想外の展開も大いにあるに違いありません。

8月はルヴァンがあるのでさらなる過密日程が続きます。

1ヶ月後の順位変動が楽しみです。

-Jリーグ

Copyright© 川崎フロンターレ視聴者ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.